Follow
Akiko ORITA
Akiko ORITA
Kanto Gakuin University
Verified email at kanto-gakuin.ac.jp - Homepage
Title
Cited by
Cited by
Year
Is that really you? An approach to assure identity without revealing real-name online
A Orita, H Hada
Proceedings of the 5th ACM workshop on Digital identity management, 17-20, 2009
282009
ネット炎上の発生過程と収束過程に関する一考察~ 不具合に対する嫌がらせと決着による収束~
田代光輝, 折田明子
研究報告マルチメディア通信と分散処理 (DPS) 2012 (6), 1-6, 2012
132012
読み解くためのマンガ教材設計
折田明子, 吉川厚
経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2010 (0), 80-80, 2010
122010
TKAS model: Citizen interaction to resolve minority issues in public administration
A Orita
Electronic Journal of e-Government 3 (3), pp119‑126-pp119‑126, 2005
112005
ソーシャルメディアと匿名性 (< 特集> Twitter とソーシャルメディア)
折田明子
人工知能 27 (1), 59-66, 2012
102012
SNS に集約する情報: ネットワーキングからライフログへ (< 特集> ソーシャルサービス活用指南)
折田明子
情報の科学と技術 61 (2), 70-75, 2011
10*2011
グループレビューにおける匿名性の利用に関する研究
西村祐貴, 江木啓訓, 折田明子
情報処理学会研究報告グループウェアとネットワークサービス (GN) 2001 (48 (2001-GN …, 2001
92001
マンガ教材を使った研修設計
吉川厚, 折田明子
経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2010 (0), 79-79, 2010
82010
Using deceased people’s personal data
H Nakagawa, A Orita
AI & SOCIETY, 1-19, 2022
72022
マンガ教材を用いたアドバンスト・ケース研修の構想
山本秀男, 吉川厚, 小川美香子, 折田明子
国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌 3 (2), 87-95, 2009
72009
ネット上の CGM 利用における匿名性の構造と設計可能性
折田明子
情報社会学会誌 4 (1), 5-14, 2009
72009
発信しづらい情報交換における匿名性の効果~ ダイエット食品クチコミ調査から
折田明子
情報社会学会誌 Vol. 2 No. 2, 114-127, 2007
72007
学習における気づきの変化を測る
内田瑛, 折田明子, 國上真章, 寺野隆雄, 吉川厚
人工知能学会全国大会論文集 第 26 回 (2012), 1F2OS116-1F2OS116, 2012
62012
学習における気づきの変化を測る
内田瑛, 折田明子, 國上真章, 寺野隆雄, 吉川厚
人工知能学会全国大会論文集 第 26 回 (2012), 1F2OS116-1F2OS116, 2012
62012
マンガ教材によるソーシャルメディアのプライバシ教育の実施と評価
折田明子, 吉川厚, 山本秀男
研究報告グループウェアとネットワークサービス (GN) 2010 (30), 1-7, 2010
62010
Network communication brings opportunity for minority: identity of woman at home
A Orita, S Miyagawa, M Niimi
Proceedings of INET99, 1999
61999
MANGA-Case Training for Global Service Science
A Orita, A Yoshikawa, T Terano
Global Perspectives on Service Science: Japan, 293-312, 2016
52016
プログラムマネジャー向けアドバンスト・ケース教材の開発
山本秀男, 吉川厚, 折田明子, 小川美香子
国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌 5 (2), 89-101, 2011
52011
リンク不能性および一覧性の観点による匿名性の分類
折田明子, 江木啓訓
情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理 (DPS) 2007 (91 (2007-DPS-132 …, 2007
52007
Online Mutual Aid," RAQ": A Study of Anonymous and Traceable Interactions.
A Orita
J. Comput. 1 (8), 55-60, 2006
52006
The system can't perform the operation now. Try again later.
Articles 1–20